マンガほっと - 人気マンガや名作マンガが基本無料で毎日読めるマンガアプリ






編集部ブログ更新情報

    ブログ記事を見る


    • コアミックス
    • NSP
    • 動画館アーカイブ
    • コミックゼノンオンラインストア
    • 北斗の拳公式サイト
    • 花の慶次公式サイト
    • 原哲夫公式ウェブサイト
    • 北条司オフィシャルサイト
    • ボノロン
    • pixivコミック
    • 徳間書店
    • カフェゼノン

    アーカイブス

    2019年8月アーカイブ
    yondene_header_wakao01.jpg

    オヤジ、酒よ酒、酒持って~こい(お銚子を振りながら)! というワケで今回、紹介するマンガは『大衆酒場ワカオ ワカコ酒別店』。タイトルが猛烈にアピールしているとおり『ワカコ酒』のスピンオフ作品なの。ただね『ワカコ酒』ってワカコがキュイキュイっとおいしそうにお酒を飲んでアテをじんわり楽しむマンガでしょ。主要キャラはワカコのみ......正直、どこをクルクルとスピンさせて話をふくらませるのかアタイにはまったく見えなかったのよ。もしかしてタイトルありきの見切り発車? と心配してたら、大衆酒場の板さんワカオ(若尾)目線によるのんべえ観察記としてスピンを開始。なるほど、その手があったか。

    ワカオはいわゆる無口な板さん。お客さんと軽口を交わすわけでもなく頼まれたメニューをもくもくと調理するだけ。もちろんこのままではマンガとしては成立しない。そこでワカオの心の声が発動。
    wakao01.jpg
    「大衆酒場ワカオ ワカコ酒別店」第①巻
    漫画:猫原ねんず 原作:新久千映
    定価:本体580円+税
    料理のポイントを細かく解説したり、注文したお客さんの心情をモリモリと想像していくのね。そして満足そうに料理を食べるお客さんを見て小さくほほ笑む。そして『ワカコ酒』同様、アタイたちは「ああ、お酒っていいな。今の時期ならツマミは酢の物かなぁ」と会社帰りにちょっといっぱいやりたくなるってワケよ。

    おっ、もうこんな時間か......そろそろ宣伝しないとカミさん(編集部)に怒られちゃう。派手なアクションもまさかの展開もないけど、うまい料理と酒はある――ちょっとした幸せがあるだけで人生が豊かになることを教えてくれるホッコリ名作。第2話では本家のワカコ先輩もお客としてこっそり出演しているぞ。さあ、ブラザーたちもワカオののれんをくぐってみないか。プハーッ!
    zn_top_201908_kiji.jpg

    ゼノンコミックス最新刊