ゼノンコミックス
ゼノンコミックスDX
五百年目のマリオン
(1)

五百年目のマリオン (1) / 日笠優

1940年パリ。子供たちを率いて窃盗団まがいのことをして日々を食いつないでいたマリオン。そんな時、マリオンの唄声を聞いたひとりの男に「ジャンヌ・ダルクの役で舞台に立ってみないか」と誘われる―。近づいてくる大戦の足音。少女の運命は激動の時代に飲み込まれていく。

(2)

五百年目のマリオン (2) / 日笠優

1940年、第二次世界大戦下のパリ。歌手になる夢を持つ少女マリオンは、ミュージックホール ドーリオンの歌劇「ジャンヌ・ダルク」の主演に抜擢される。しかし、それはドーリオンをめぐる陰謀と、それに抗う人々の策略の罠であった。黒い思念の闇の中、果たしてマリオンは舞台を成功させる事ができるのか!? 嘘と優しさに惑いながら、生き抜く少女の物語。